外部機関からの倫理審査受託

東京大学医学部倫理委員会では、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」が適用となる研究計画について、東京大学医学部以外の研究機関から依頼を受け、倫理審査を行っています。

東京大学医学部以外の研究機関からの倫理審査の受託

東京大学医学部倫理委員会(以下、「倫理委員会」)では、学外の様々な研究機関からの審査を受託しています。現時点では紙媒体による申請をお願いしております(現在WEB申請システムについては準備中です)。詳細につきましては、E-mailにてお問い合わせください。

1. 倫理審査の受託について

東京大学医学部以外の研究機関からの倫理審査の受託

倫理委員会では、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(以下「指針」といいます)が適用となる研究計画について、審査を受託しています。

審査の委託をお考えの際にご確認いただきたいこと

ご自身の研究機関において研究管理を担当する部門との間で、当倫理委員会に倫理審査の委託を行うことについて相談を行い、必要な手続きについて確認を行ってください。
※指針では、研究者が行う研究について研究実施機関の長が倫理委員会に意見を求め、研究実施の許可等ついて決定することを定めています。これは審査の委託でも変わりはなく、研究実施機関の長から審査委託をいただき、審査後に当該研究実施機関の長より研究許可の判断を行っていただく必要がございます。

2. 中央審査のメリット

倫理委員会では単施設からの審査依頼のほか、多施設共同研究の中央審査の依頼についても受け付けています。 その場合は、倫理委員会への審査依頼を希望する研究実施機関(以下「中央審査参加機関」といいます)の申請書類の取りまとめを、研究代表者もしくは研究事務局あるいはその役割を担う方に行っていただきます(以下、取りまとめを行う方が所属する研究機関を「代表機関」といいます)。
なお、当該研究に東京大学医学部が参加する場合は、原則として、東京大学医学部の研究責任者が研究代表者等に代わって申請書類の取りまとめを行います。

中央審査で変わること(メリット)

共同研究にて共通で用いる研究計画書等の資料の作成については、代表機関に中央審査参加機関を代表して対応を行っていただきます。
そのため、代表機関以外の研究者は申請にかかる手続きが軽減されますので、研究開始までの期間の短縮にもつながります。

*注意事項*
・倫理指針の定める研究実施機関の責務は各研究実施機関に残ります。
・各研究実施機関の規定にしたがって適切に対応を行ってください。

3. 審査(新規申請)の流れ

研究倫理審査依頼書の受付、受託決定後、契約の締結を取り交わしております。チェックリストの作成等、その他必要書類の作成を進めていただくことになります。

代表機関による中央審査依頼の検討・準備

多施設共同研究に関して中央審査を行うか、代表機関にご検討をいただきます。審査を行うことが決まったら、代表機関にて研究参加機関の意思の確認を検討していただきます。代表機関には各研究参加機関に中央審査の案内を行っていただきます。

各中央審査参加機関の委託手続き

1. 研究倫理審査依頼書の作成
倫理委員会への審査委託を希望する研究者は、研究機関の長(研究許可権者)にその旨をご相談し、了承を得てください。了承が得られましたら、研究許可権者の押印の上、「研究倫理審査依頼書」を東京大学医学部倫理委員会事務局(以下、「事務局」といいます)までご郵送ください。

2. 審査依頼書受付、受理
審査依頼書の記載内容につきまして、事務局にて確認いたします。

3. 審査開始の準備、審査書類の作成
必要書類をご作成いただきます。研究毎に必要書類が異なりますので、その都度ご案内いたします。

4. 倫理審査
東京大学医学部倫理委員会にて倫理審査を行います。申請内容のご確認や修正の依頼を行わせていただく場合がございます。

5. 審査結果通知書の発行
審査終了後、審査結果通知書を発行いたします。

6. 研究機関の長の許可
結果通知書をもとに、研究機関の長(研究許可権者)より研究実施許可を得てください。
詳細につきましては、こちらをご覧ください。

4. お問い合わせ先

東京大学大学院医学系研究科・医学部 研究倫理支援室
倫理委員会事務局

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
E-mail:メールアドレス